+86-755-23595309

承認済み!江蘇潤石は「ハードコア中国チップ」の2つの栄誉を獲得

2021-12-30
訪問数:2132
ソース:

12月28日、芯師爺主催の「第3回ハードコア中国チップリーダーサミット及び2021年自動車チップ技術革新及びアプリケーションフォーラム」がオンラインサミットの形で開催されました。江蘇潤石 は「2021 年度最も潜在力のあるIC設計企業」を受賞し、フェムトアンプ入力バイアス電流オペアンプ RS8491/2 が「2021年度シグナルチェーンチップ最優秀賞」を受賞しました。


图片1.jpg 


「ハードコア中国チップ」について

情報によると、このサミットは、世界的な半導体及び電子情報産業チェーンを注目する 芯師爺及び傘下のメディアプラットフォームである「今日芯聞」(今日のチップニュース)、「全球物聯網観察」(グローバルモノのインターネット観察)が共催したものです。サミットは深圳市半導体産業協会によって強力なサポートを得ました。サミットのテーマは「中国のチップにおける新しい業界動向」であります。コロナ状況を考慮して、半導体業界のより多くの人々がこの業界イベントに安全かつスムーズに参加できるようにするために、本サミットはオンラインサミットの形でライブを採用しました。


「ハードコア中国チップ」のセレクションは、国内でリードしている半導体電子情報メディアである芯師爺が主催し、優れた革新的な中国のチップ企業を発見・表彰することを旨とし、企業製品、技術、ソリューション、アプリケーションを総合的に展示することを通して、中国チップ企業の端末市場での発展を強力に後押しします。このイベントはこれまでに3回成功裏で開催され、約300社のIC設計会社が応募し、中国の集積回路業界で広く認められています。


  2021年、7か月以上の激しい競争の後、「ハードコア中国チップ」組織委員会は、250,000人のエンジニアのオンライン採点データに基づいて、オフライン業界の専門家の審査員採点を参考に、製品、企業及びチームという3つの種類で、24項目の賞を選出しました。江蘇潤石は「2021年度一番潜在力のあるIC設計企業」を受賞し、フェムトアンプ入力バイアス電流オペアンプ RS8491/2が「2021年度シグナルチェーンチップ最優秀賞」を受賞しました。


图片2.jpg 


江蘇潤石について

江蘇潤石は、高性能、高品質のアナログ/ミックスドシグナル集積回路の研究開発と営業に重点を置いたハイテク半導体企業です。


主な製品には、オペアンプ、コンパレータ、アナログ スイッチ、電源管理、データコンバーター、レベルシフター、電圧基準源、ロジックデバイス、リセットなどが含まれます。産業用制御、新エネルギー、自動車用電子機器、医療機器、セキュリティ監視機器、計装、スマートホーム、民生用電子機器、情報技術応用革新などの分野で広く使用されています。


RS8491/RS8492は、江蘇潤石によって開発されたフェムトアンプ入力バイアス電流を備えたシングルチャネル/デュアルチャネルオペアンプです。入力バイアス電流は 100fA 以下であり、オフセット電圧は 500uV 以下です。クロマトグラフ、質量分析計、クーロンカウンターなどの計装製品に使用れさています。


图片3.jpg 


急速な発展に伴い、会社は、比較的成熟した国内外市場の営業体制と健全で完全な営業前、営業中、営業後の技術サポート体制を徐々に形成し、国内外の各業界の顧客にサービスを提供しています。迅速な対応体制を整え、顧客のニーズ、市場の見通し、業界の動向を素早く見極めます。江蘇潤石の製品を大量に採用する業界ブランド会社が多くなりました。中でも、BYD、Inovance、Hikvision、Samsung、HARMAN、TCLなど世界的に有名なブランドがあります。