400-8090-866

江蘇潤石の固定利得計装アンプRS633 が「年度ベスト」を受賞

2022-08-19
訪問数:1281
ソース:

年度ベストを連続獲得

8月17日、国際電子商情が主催した2022年国際集積回路展及びセミナー(IIC)が南京で開催されました。同時に開催された「2022中国IC設計功績賞」のセレクションで、江蘇潤石科技の固定利得計装アンプRS633が「ベスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。一気に「2022中国IC設計功績賞 の 年度ベストアンプ/データコンバーター」を受賞しました。


图片.png


「中国IC設計功績賞」は、中国の優れたIC設計企業、上流のサービスサプライヤー及び業界で人気のあるIC製品を表彰することを目的としており、徐々に国内のエレクトロニクス業界で最も重要な技術賞の1つになっています。今年はこの賞が創設されてから20年目となっています。江蘇潤石科技は、 2年連続で最終選考に入り、2年連続で「年度ベストアンプ/データコンバーター」賞を受賞しました。これは、江蘇潤石の製品が研究開発と設計の面で業界に認められていることを示しています。


固定利得計装アンプRS633

RS633計装アンプは、アナログシグナルチェーンの分野でアナログ―デジタル変換/デジタル―アナログ変換(ADC/DAC)に次ぐハイエンド製品であり、技術的ハードルが高く、研究開発の難易度が高いため、市場において長期にわたって欧米諸国のサプライヤーから商品を選ぶしかありません。国産の計装アンプはまだ初期段階にあり、使用できる製品のタイプはまだかなり不足しています。

图片.png


RS633は、最大オフセット電圧25μV、温度ドリフト0.10.1μV/°C、入力ノイズ50nV/√Hz以下、同相除去比100dB 以上の低電圧固定ゲイン計装アンプです。レールツーレール入出力に対応し、10、20、50、100などの複数のゲインがプリセットされています。

RS633の発売は、高性能計装アンプチップの分野における欧米メーカーの市場独占を打破し、計装アンプ製品の国産化を実現し、自給自足を確保し、国内ハイエンドのアナログチップの研究開発の急速な発展と改善を促進します。


2022年国際集積回路展(IIC)

IICは、電子産業のための効率的で権威あるコミュニケーションプラットフォームの構築に努めており、この展示会はまた、国内外の多くの有名な技術メーカーが先進技術を展示するための優れたプラットフォームを提供しています。展示会では、年度の革新的な製品展示、技術交流、ハイエンドフォーラム、業界サミットなどを行い、国際的な「カーボンニュートラル」産業の発展における最先端技術、中国のIC設計の成果に焦点を当て、世界的な産業の進歩を称賛し、国内外の産・学・研の様々な分野で交流を深めています。


图片.png


图片.png


同時に、展示会は「SoC設計、IC設計の成果、高効率電力管理とワイドバンドギャップ半導体技術、優れた流通とサプライチェーンなど」などのハイエンド展示エリアを設けています。 この展示会では、モノのインターネット、自動車用電子機器、スマート産業、IC設計、グリーンエネルギーなど主要な最先端の新興技術と製品を取り上げます。IICには、エレクトロニクス業界の世界的な半導体大手テクノロジー企業と研究開発エンジニアが幅広く参加しています。プロ関係者の来場者数は累計100万人を突破し、業界の注目を集めています。